国立でマッサージをおこなうサットバムーンジュで体験レッスン

2020/05/03 ブログ
まゆ玉

【動物性の基材も使用します】

フィトセラピー(自然療法)メインでやっていますが、2種類ほど動物性の基材を使用しています。ひとつは『蜜蝋(ミツロウ)』とこの『黄金まゆ玉』。簡単に言えば蜜蝋はみつばち、まゆ玉はカイコから分泌されるものです。久しぶりに、この黄金のまゆ玉から「セリシン」という成分を抽出しました。このセリシンという成分は、お肌のバリア機能を強化し紫外線から肌を守ります。また強い紫外線が原因の色素沈着(シミ)を防ぐことができ、美白効果も高いです。『まゆ』と言えば、白いまゆを想像しますが、この綺麗な黄金のまゆはセリシンの含有率が高いんだそうです。紫外線が強くなるこの時期、私はこの紫外線で肌が赤く荒れ痒くなります。しかし、このセリシンを使い始めてから全く肌が揺らぐことなくトラブル無しになりました。だから、私にとってスキンケアでは無くてはならない物です。

セリシン

『セリシン』抽出後。容器に入っているジェル状のセリシンと絹糸の原料となる繊維が残ります。このジェルをこのまま使用してもいいですが、植物油(マカダミアナッツ油)と香り(精油)を加えてスキンケア用のジェルにして使っています。この記事だけでは、中々怪しいものではありますが、とってもお勧めで取り入れて頂きたく講座を設けています☆

ご興味がありましたら、詳細はこちらです☆

セリシン講座